愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

愛人のその後

随分と間が空いてしまいました。

 

更新してなかった理由を書こうかずっと迷っていましたが簡単に簡潔に、、、

 
 
 
 
 

母になりました。

 
 
 
 
 

子どもが欲しいと伝え、頑張ろうね、と握手をしてもらった日からどれくらい経ったかな。

 
 
 

新しい環境や、少し変わった彼との関係にも少しずつ慣れてきたと思えばまた戸惑って、、、を繰り返しながらも、こんなものかと思い始めた所です。

 
 
 

未婚の母は決して不幸ではないけれど、子どもはどう思うかわからないとか、子どもが大きくなったらどう説明するんだとか、いわゆる普通の家庭ではない問題があるかもしれない。

、、、確実にある。

 
 
 
 
 

でもね、私が彼を大好きで、子どもが欲しくて、そしたら来てくれたのがあなただったと、

だからあなたは私にも彼にも、心から愛されている事、

 

日本では良くないとされている事を私はしたかもしれない。でも、彼の家庭を決して邪魔しないときめた上で、彼と一緒に居ることを選んだ。

私はこの選択をしてよかったと、あなたが居て、彼が居て、私はすごく幸せだと、生まれてくれてありがとうと自信を持って伝えたい。

 
 
 
 
 
 

これを機にブログの更新はお終いにしようかなと考えています。

 
 
 

私を含め、決して皆んなから祝福されるような立場ではないと心のどこかで理解している、全ての愛人、彼女が、

 

幸せだし真剣なんだから別にいいじゃん!と開き直って?自信を持って言える場所がどこかにありますように。