愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

更新する理由

ほんの少し、放置しておりました。

毎日完ぺき!って訳ではないけれど、全体的には仲良くしてもらっています(*^^*)

 

彼との関係で悩んだり、愚痴だったり、時には惚気たかったり、でも、誰にも言えないから始めたブログですが、

不安だったり、不満だったり、くよくよ悩む前に彼に話そうと思うようになり、少しブログから離れていました。

 

困らせるのが嫌だとか、面倒だと思われたくないとか、喧嘩もしたくないし、不穏な空気そのものが苦手だから、❝悲しい気持ちや寂しい気持ち、嫌な事、全部言いたくない!❞ とか思っていたけれど、、、

 

いや、、、

思っているどころか、そんな気持ちを自分で上手く処理して、全部受け入れるからこそ愛人なのではないか、なんて言っちゃってる時期もありましたが、そんなのは結局無理で、綺麗事な訳で。

 

 

 

実際、言わなければ不安も不満も募るばかり、、、

不穏な空気になったとしても、話し合わなければ何も解決しないなと。

愛人関係だからこそ、この関係だからこそ、お互いに外面だけじゃないなら話し合わなきゃ。

「結婚って法的な立場や繋がりはないけれど、そんなの無くても凄く深くて濃い関係なんだよ!」って言えたらかっこいいなと思うようになりました。

 

 

きっとね、このような事を彼はずっとずっと言ってくれていたんですが、私が理解できてなかったし、❝そんな風に言ってても、実際愛人まで面倒を言い始めたら倒れちゃうんじゃない?❞なんて思って信用してなかったんだなと。

今頃になってやっと、少し彼に追い付いてきた気がしています。

 

 

別に、愛人関係に限らず、普通のカップルだって夫婦だって、一緒に居るか別れるか、どちらかしかない。

変に愛人だし、、、と気負わなくても、 お互い共に歳を重ねたいと思うなら、細かい事は許したり、時には諦める。 それが出来ない事は話し合って譲り合う。 どうしても譲れなくて、お互い方向性が違うなら、それは悲しいけれどさようなら。

 

このプロセスはどんなカップルでもきっと同じ。

 

それが、愛人だからできないまたは愛人だからさせない、なんて言うなら、お別れした方がお互いの為、、、