愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

こころの拠り所

何か問題があったり、痛い所を突かれると、

❝人と人は違う生き物だから歩み寄る事は出来ても、結局分かり合えない。❞

と思ってしまい、 「もう充分、それ以上私に踏み込まないで。」

 

 

と扉を閉めてしまう。

 

つい先日もそんな事があり、 Sさんに対してはかなり改善されたと思っていた心の扉を閉めてしまい、

「だから結局、違う人間だもん、分かり合えないんだよ。」

と言ってしまった私に対して、

「俺に分かり合えないって選択肢は無いよ。」

と彼が言った。

心を閉ざしていて顔なんて見てないけど、きっと、寂しいような悲しいような表情をしていたんだと思う。

 

あぁ、彼の方が何百倍も覚悟してる。

なんで怖いんだろう。 なんで好きな人の事はなんでも受け入れようとするのに、自分自身が受け入れられる事を自ら拒んでしまうんだろう。

受け入れてほしいと心から願っていて、やっとこの人なら、と思えた人なのに。

また、、、私が進んでいた関係を後退させてしまった。

 

 

 

、、、うーん。

でも、すぐ終わりだと思ったり、嫌われる、と思わなくなった所は、前進してるのかな。こうやって進んだり、止まったり、時には戻ったりして時を重ねていくんだろうな。誰かと共に歩むってこういう事なんだろうね。

 

愛人だから~とか、夫婦だから~とか、ほんと関係ない。

その事を何度も何度も言ってくれていたのに、自ら殻を作って都合が悪くなるとそこに戻ろうとしていた。

 

一緒に居ようねって決めたんだし、良い事も嫌な事も全部一緒に越えていくんだから、殻に籠ろうとするのはもういい加減止めよう。

別れるつもりもないのに、喧嘩したらすぐ「別れる!」って言う人みたいに、「分かり合えない!」と切り札を使うのもやめる。

多少めんどくさくても、人間臭い心の内を見せても彼なら大丈夫。

 

 

 

 

そんな事を考えていた梅雨明け。

 

今の方が、いつだったかされたあの質問に、心からうんって言える。

Sさんが独身だったら彼と結婚したいと思ったよ、、、

 


 

 

Sさんはものすごく尊敬できて、私にとって限りなく完璧な人間に感じるけど、可愛い事言う時もあるよ(笑)

普通に弱い所もあるし、束縛だってする。

そんなことで嫌いになったりしない。そういう事なんだよね。