愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

愛人って実は

結婚するお友だちのサプライズパーティー用ムービーを作りました。


いいんだよね、縁がなさすぎる私が作って、、、笑




沢山の人のおめでとうのメッセージや、

2人への祝福の声を聞くと、


❝あー、私は一生この声を浴びる事はないのか❞と、ほんの少し寂しく感じるのかな、、、

なんて思いながら作り始めましたが、





 

全くそんなセンチメンタルな気持ちにはなりませんでした笑



これも、Sさんとの関係に私が満足していて、幸せだと言えるからだなと、ありがたく感じ、センチメンタルどころか逆に嬉しくなったり。


もし、私が未来に不安しかなくて、このままでいいのかと悩んでいた、

昔ならセンチメンタルな気持ちになってたかもしれない。

 


でもね、祝福の気持ち以外、ネガティヴな感情も全く何もなかった。

❝あ、私、Sさんと信頼関係ちゃんと築けてるな❞って、嬉しくなった。


あとは単純に、結婚式というイベントにあまり興味がないのかも笑





愛人してる人って、繊細で、メンタル弱いとか、相手に依存してるってイメージありませんか?一般的に。

私も自分の事、繊細だしメンタル弱すぎだと思ってた。

 


でもたぶん、本当は気付いてなかっただけで、意外と強い。



離婚前提で愛人してる人は別として、

既婚者って事を理解してお付き合いしてるなら、いろんな事を一度は受け入れて、先の事も理解した上で、立場も分かった上で、それでも一緒に居る事を選んだ訳でしょ。


自分で言うとおかしいけど、それって凄く強い。

 

そして良い意味で鈍感なのかなって。

彼や、お友達、自分が大切に想う人の事はとても気になるし、心境の変化や、心の内もある程度は想像したり察する事ができるけど、

 

 

その他大勢の人が私の事をどう思っていても、攻撃してこなければ正直なんとも思わないし、興味ない人が私の事を影でなんと言おうがたぶん気付かない。

だから良い意味で鈍感。

(攻撃されるとさすがにいろいろ悲しいので止めてくださいね。お心の内にしまってください。)

 

本当に繊細な人は愛人なんてしないし、できないんだろうな。

 

 



こんな事を思いながら作ったサプライズムービーは、

ちょっと強めのBGMを選びすぎちゃって、一度はNGでした笑