愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

言えなかった年末のご挨拶

旅行に連れて行ってもらった後、

年内、ゆっくり会えるのはこれが最後かな、

なんて言ってましたが、

ちょこちょこと時間を作って会って下さるSさん。

 

 

Sさんの大切な時間を私に使ってくれるのだから、

一緒に過ごす時間はめいっぱい楽しくしたいんですが、、、

 

 

会う都度、

初めてほんの少し喧嘩したり、

昔の事でSさんを嫌な気持ちにさせてしまったり、

 

年の瀬らしく?

慌ただしい時間になっていました。

 

 

 

そして、昨日が、本当の遊び納めでした(笑)

 

 

 

いつものように私の家に来てくださったSさんが

 

「まだ年明けてないけど、、、」

とお財布から取り出したのは綺麗な封筒、、、!

 

 

 

 

( ゚Д゚)

 

 

お年玉!

 

 

 

 

 

何気なく、

「私もお年玉欲しいなー。」

とボソッと言ったのを覚えていてくれたSさん。

と言うよりも、いただいていいのかしらアラサー(笑)

 

 

いや、もちろん有難くいただきましたが(笑)

 

 

 

金額よりも、お金よりも、

私が何気なく言った言葉を覚えていてくれた事、

私の事を考えてくれたことが何よりも嬉しい。

 

 

 

いつだったか忘れたけど、

Sさんに言われた

「この関係だからやってあげられる事もあるしね。」

 

 

って言葉、

その頃はピンと来なかったけど、

きっとSさんの事だから、

 

❝どうしてもやってあげられない事もあるから、

できる事は精一杯やってあげたいと思ってるよ❞

 

って意味もあったのかな、なんて思った。

 

 

 

その後は、

「今年はいろいろあったねー」とか、

「来年も仲良くしようねー」とか話したけど、

 

「良いお年をお迎えください」

 

 

とは言わなかった。

「またねー!」ってバイバイする時も言わなかった。

 

LINEで言えばいいやって気持ちと、

やっぱり言葉に出して、

今年会うのが最後って認めるのが少し寂しくて。

また来年すぐ会えるんですけど(笑)

 

 

 

彼は彼の家族と

私は私の家族と

迎えるであろう新年。

 

 

それが嫌な訳じゃない、我慢してる訳でもない。

心から家族を大切にしてほしい、

家族とカウントダウンしてほしいと思ってる。

 

だけど、ほんの少しだけある寂しい気持ちをここで書きたくて。

 

 

❝どうしてもやってあげられない事もあるから、
できる事は精一杯やってあげたいと思ってるよ❞

 

まさにこの言葉が込められたお年玉だったのかな、なんて。

ありがとうSさん(*^^*)