読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛人として生きると決めた日

愛人として生きることを決めた日から、回想とこれから、NOTパパ活

もし不倫ではなかったら

最近の私と彼と

Merry Christmas!

の続き

 

旅行の帰り道、相変わらずまどろんでいる私に

Sさんからの不意打ちな質問。

 

「A子ちゃんは、もし俺が独身だったら、結婚したいと思った?

不倫だから俺が良いって訳じゃなくて。」

 

 

 

|д゚)

なんてタイムリーなのかしら(笑)

一気に目が覚めた。

 

もちろん、

「それはそう思うよ。そうしたいと思うはず。

だけど、今の幸せのカタチとは、また違うと思う。」

 

 

と答えたけれど、

Sさんは真意を汲んだのかな、、、

 

 


 

 

自分でもね、正直ブレるのです。

 

 

 

確かに、Sさんと愛人関係になった初めの頃、

普通の結婚がしたいと思っていた時期もあった。

 

その頃を今振り返ると、

義務感や、そうする事が普通、

と言う漠然とした先入観もあったように感じる。

 

 

それが、Sさんの愛人として生きると、生きたいと思い、

結婚と言う呪文のような呪縛から解放されて、

とても心がラクになったのも事実。

 

 

 

家庭を持つ人の日常を、

おやすみと言って一緒の家で寝て、

おはようと、同じ空間で目覚める朝を

❝贅沢な幸せ❞だと感じる自分が居るのも事実。

 

 

 

一方で、

今の❝贅沢な幸せ❞が日常になっても、

Sさんとならカタチは変わっても幸せだと感じるんじゃないかと、

漠然と思う自分も居る。

 

 

だけど、

私が今それを望んだら、

私たちのバランスは崩れてしまう訳で、

 

❝不倫じゃなかったら~❞とか、

❝普通のカップルだったら~❞とか、

 

そんな風に考える気持ちに蓋をしているのかもしれない。

 

 

 

こう考えると、気持ちってどうしてもブレる。

でも、それでいいかなって。

ブレる自分も認めよう。

 

何が正解で、何が不正解で、

何が幸せで、何が幸せじゃないなんて、

自分以外の誰かが決める事じゃない。

 

 

数年先、数カ月先の事なんてわからないけど、

私は今、

Sさんがとても大切な存在で、この先も一緒に居たいと思うから、

その為に自分ができる事をするし、

この先も一緒に居ると思って行動する。

 

ここがブレなければいいかなって。

 

 

「結婚したら女の人は変わるって言うし、私とっても強くなるかもね」

 

と笑って締めておきました(笑)

 

 

 

さて!クリスマスですね(*^^*)

このブログを見て下さる皆さんが、

それぞれの幸せを、それぞれの充実した日になりますように。