愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

愛人だからこそ観られる世界

先日、ある秘密のティーパーティーに参加してきました。

どんなティーパーティーかは、

タイトルからご想像にお任せしますね。

 

 

このティーパーティーを知った時、

とても参加したい反面、

愛人と一言に言ってもいろんなタイプがありますし、

苦手なタイプもある訳で、、、

なんせ人見知りで、、、

 

でもやっぱり参加したい笑

他の愛人さんたちのあんな事やこんな事を聞いてみたい。

そんな気持ちで

不安もあれば、ドキドキもするわで、

保守モード全開で行ってきました笑

 

f:id:swingingbachelor:20161219222712j:plain

 

 

 会場となる場の扉を開けると、

そこからは異空間。


思い切ってティーパーティー参加してよかった。

心から幸せで楽しい時を過ごせた。

そんな気持ちを忘れたくないので言葉に残しますが、

 

 

どうかティーパーティーにいらした方が

このブログを見ていませんように。

とっても恥ずかしいので(笑)

もし、偶然見ちゃったと言う方は、

一言コメントを残してくださると嬉しいです。

コメントは非公開です。

 

 

 


異空間で出会えた皆さんは、

とても心が広く、優しく、美しく、魅力的で、

何事も決して否定しない。

美しい強さをお持ちの方ばかりでした。

 

 

愛人として生きると決めたからこそ、

聞いておくべき事、心得ておくべき事がたくさんあった。

悲しいけど、彼の人生の最後に私が立ち会うことはできないのかな。

でもそれが、もしかしたら理にかなってるのかもしれない。

愛人らしいじゃない。

 

そして、

愛人でも妻でも母でも独身でも、女性と言う性は変わらない。

一度しかない女として生まれた人生を、

後悔ないように、やりたい事を全力でやりきりたい。

十人十色、型にはまらなくたっていいじゃない、

私は私の幸せを創ろう。

異空間がそう思う気持ちに拍車をかけてくれた(笑)

 

 

 

素敵な皆さんとお話しして感じたのは、

やっぱり私はこの世界が好き。

 

男性が

使命、世間体、夫、父、できる男としての役割、

そんな表面的なものから離れた瞬間、


その人の本質を見られる、裏側を見られる、

無邪気な一面を見られる、

 


そんなこの世界が私は好き。


日常の煩わしさから離れた幸せってこの事。

 

 

愛人だからこそ味わえる幸せや贅沢が

あってもいい、

それを後ろめたいと思わなくてもいいよね。

 

 

 


最後に、ティーパーティーに参加できた事、

Sさんと一緒に居られる事、

素敵なご縁に心から感謝します。

またいつか、再会できる日がやってきますように。