読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

黒い十人の女

ずっと見てた黒い十人の女が終わっちゃった(*_*)

 

最終回はなんて言うかまぁ、、、

非現的なドラマにありがちだなって

さらっと面白く見てたんですが、

やっぱりこのドラマ、

1つ1つのセリフの闇が深すぎる(笑)

 

 

何番目かの愛人が

「風さんが生きてるのがわかって、頭がおかしくなるかと思った」

と不倫男のお嫁さんに嘆くシーンがあるんですが、

 

そこでお嫁さんが言った言葉が、

「頭おかしくなるって、不倫してる時点でおかしいわよ(笑)」

 

だって。

 

 

もうね、正論すぎて辛い、と思ったら、、、

 

「辛くて死にそうだったって、9人も愛人が居て、私の方が死にそうだったわよ」

 

とまたしても正論。

 

愛人側の気持ちはなんとなくわかる事はあっても、

お嫁さん側の気持ちは、想像はできても、

経験した事がないから絶対にわからないもんね。

 

 

このドラマを見る前から、

 

いつか、私が歳を取って、

SさんもSさんのお嫁さんも歳をとった時、

いつか、3人でお茶したり、お友達みたいに笑ってお話しできる関係になりたいな。

なんて秘かに妄想してたんです(笑)

 

Sさんがたまに聞かせてくれるお嫁さんの話が

とても素敵だったり、可愛く感じたりして、

いつか会えたらいいな、、、

なんて思ってたんですよね(笑)

 

だから、愛人とお嫁さんがお茶してるシーンはいつも好きだったんだけどな。

 

 

ありえない妄想だと気付かされました|д゚)

 

 

 

私とSさんが、

Sさんとお嫁さんが、

おじいちゃんやおばあちゃんになっても

仲良く居られますように。