読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛人として生きると決めた日

愛人として生きることを決めた日から、回想とこれから、NOTパパ活

愛人契約

回想(愛人契約時代)

Tさんとの事

の続きです。

といっても、

Tさんとの出来事はもうあまり覚えてないと言うか、

今はあの時の自分が好きではないので

Sさんとのようなエピソードはありません。

 

そんな時もあったなって記録です。

 

 

いい関係だったから始まった愛人関係ですが、

いろんな愛人関係のカタチがあるように、

私とTさんは、好き同士で愛人関係になったと言うよりも、

愛人契約を結んだ関係でした。

 

つまり、いくつか決まり事があった。

金銭の授受もその一つで、

決まり事を確認している際に、

私はこの愛人契約は仕事だと感じた。

 

 

もちろん、Tさんは私を好きだと言ってくれていたし、

それは行動からもちゃんと伝わってきた。

私も嫌いではなかった。

 

だけど、関係が安定して、長くなると

親のように私を心配してくれるTさんを煩く感じる事も増えた。

Tさんの行き過ぎた心配が束縛のように感じて、

監視されてるような気がして、逃げたくなる日が増えて、

何も隠す必要がなくても、私は自分の行動を内緒にし始めた。

 

メールの時間がいつもと違うだけで、浮気じゃないかと言われたり、

私の友達のSNSから私の行動を特定された事もあったな(笑)

 

 

こんな風に、嫌になったなら、

その時、愛人契約を終わりにすればよかった。