愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

プロポーズの続き

「結婚しよう」

 

プロポーズされた事がある方はどんなシチュエーションでしたか?

まだの方はどんなシチュエーションがいいですか?

 

私の初めてのプロポーズは、

「あー、お腹減った」

みたいなトーンの

「結婚しよう」

でした(笑)

 

そして、愛人関係にある場合、

「結婚しよう」=「離婚するから結婚しよう」

だと思いますか?

 

私はそうは思わなかった。

もちろん、Sさんも離婚するつもりはない。

だけど、冗談や、ふざけている訳ではない事も分った。

 

一言で言うと、

Sさんはそういう人(笑)

 

「彼女ができたからって、家庭をおろそかにするのはかっこ悪い」

「都合良いかもしれないけど、A子ちゃんも家族もどっちも大切にしたい」

「家庭もしっかり大切にした方が、

A子ちゃんにとっても長い目で見ればいい結果になる」

(私ばっかり構っていて、帰宅が遅い日が続く→怪しまれる

→行動しにくくなる、と言う悪循環にしたくないと解釈しました。)

 

そんな事をいつも言っていたSさん。

もちろん、口だけじゃなくて、言行一致だった。

 

だから、

「結婚しよう」=「カタチは一般的ではないけど、一緒にいよう」

そう理解した。

 

そして私の答えは、

「キラキラの指輪がないから嫌だ」

 

心から嬉しかったけど、まだ覚悟できなかった。

子どもがほしい気持ちもあったし、

Sさんの家族の事も気になったし、

やっぱり不安はあった。

 

あとはすぐOKなんて言いたくない意地と、

簡単な女だと思われたくない小さなプライド(笑)

 

ダイヤの指輪が欲しいと言ったのは、夢だったから。

プロポーズの場所はどこでもいいけど、

ダイヤの指輪とプロポーズはセットがいい。

 

こんな事があって、プロポーズは中止。

 

Sさんの言う事には、共感する時も、

確かに都合良いな、とたまに思う時もあるけど、

それも含めて私はSさんが好きなので、

あまり気にならないです。

そんな事よりも、

Sさんが私にくれる愛情や優しさの方が大きいから。