愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

初めての長時間

あまり同じ仲間が居ないので、

一概には言えないのですが、

愛人関係だと、どうしても一緒に過ごせる時間が少なめだったり、

限られた時間を一緒に過ごす、と言うイメージが少なからずありますが、

実際はどうなんでしょうか。

 

私とSさんが初めて日帰り旅行に行ったのは、

なんとTDLでした(笑)

 

お家から程よい距離で確実に楽しめて、と考えてくれたんだと思うけれど、

なんだか今のSさんと私の関係だとあまり選ばなそう(笑)

 

行くまでは2人で、

「長時間一緒に居て飽きたらどうしようねー(笑)」

「なんか疲れちゃったらどうしようねー(笑)」

 

なんて話していたのがすごく記憶に残っています。

 

同性、異性関係なく、

外見には出しませんが、人見知りが激しく、

変に気を使ってしまい、かなり慣れた人でないと

長時間一緒に居るのに少し疲れる私は、

Sさんも同じ匂いがする、、、と感じていました。

 

当日を迎えてしまえば、

そんな心配しなくてよかったくらい楽しかったんですけどね。

あとは、家族連れを沢山見て、

Sさんの家族から、Sさんを少しだけ借りている気分になって、

少し申し訳なく感じたかな。

 

その頃、Sさんに聞いたことがあって、

「誰かと居ると気を使って疲れない?」と

その時帰ってきた言葉が、

「気を使ったとしても、それを要らない気だとは思わない」

 

そう言われて衝撃的だった。

 

大して気を使えてる訳でも、空気を察してる訳でもないのに、

❝私が気にしてあげなきゃ❞

ってどこかで傲慢な気持ちがあった事に気付いた。