読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

心境の変化

メンタル的に支えてもらっている事を実感し、

依存するのが怖いと思い始め、

Sさんと私の事(Sさんの家庭も含め)を考え始めたのは

Tさんと言う保険が居なくなり、落ち着き始めた、この頃だった気がする。

 

Sさんは変わらず、愛情表現が豊かで、

どう思っているのか、どう感じるのか、気持ちのシェアをしてくれた。

 

よくある、最初だけ優しいとか、

徐々にあっさりした関係になってくるとか、

そういった事は一切感じなかったけど、

それでも変化が怖く、安定を望んでいた私は、

 

「後々できなくなる事はやらないでほしい、頑張らないでほしい」

と言った。

 

Sさんは、

「そんな事ない、俺がやりたいからやってるだけで、何にも頑張ってない」

「俺が、A子を大好きだいすきって言うから、

そのうち飽きると思ってるのかもしれないけど、減点方式じゃなくて

加点方式だから、どんどん好きになる(笑)」

 

そう、何の躊躇もなく、恥ずかしがる事もなく、言ってくれた。

他にも、会う度、私が安心するような言葉をたくさんくれた。

言葉だけじゃなく、行動でも示してくれた。

 

だから、自然と、

❝Sさんを失うのが怖い、依存するのが怖い❞と言う不安が、

❝きっと大丈夫❞

そう思えるようになった。

 

海のように広い心を持つSさんの今があるのは、

Sさんの過去や、Sさんを支えている家族が居るから。

そしたら、私もSさんを好きな気持ちと同じように、

Sさんの家族も大切にしたい。

Sさんが大切にしているものは私も大切にする。

そうすれば、離婚してほしいなんて思わないし、

その延長上で、Sさんと私もいい関係を続けていけるのではないか。

 

そう思う事で、自然と不安は大丈夫に変わった。

(不倫してるのに、大切なんて矛盾ですが、、、)

 

今もその気持ちは変わらないし、

もし、Sさんを失う事(お別れ)になったとしても、

悲しいけれど、きっと、Sさんから学べる事は全て吸収して、

レベルアップした私になり、乗り越えられるからそうなったんだと

いつか絶対前向きに思えると思う。