読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛人として生きると決めた日

愛人として生きることを決めた日から、回想とこれから、NOTパパ活

事件

回想

Sさんとの関係が始まり、2カ月くらいたった頃、

好きとか嫌いとか、そう言う感情はなかったけれど、

3年半続いていたTさんとお別れをすることになった。

 

もちろん、SさんはTさんの存在を知らなかった。

 

Tさんとの出会い~終わりについては、

また別の記事で書きますが、

お別れした1番の理由としては、

私がSさんと一緒にいるところか、

他の誰かと居る所かわからないけれど、

見てしまったため、さすがにもう信用できない

と言うあっけない理由。

 

Tさんとは金銭の授受があったため、その頃の私にとっては

かなりのダメージだった。

金額その物よりも、

受け取る金額が私の価値だと思っていたその頃の私は、

自分の価値がなくなったような、

もう用済みだと言われたような、

今となっては自分でもよくわからない感覚だった。

 

普通の状態ならTさんとの終わりを

誰かに話すような事はしないけれど、

とにかく価値がなくなった自分を誰かに支えて欲しくて、

心配そうに「どうしたの?」と言ってくれた

何も知らないSさんに全て話そうと思った。