読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

相性

いつもいつも、私が問題を起こしたり、何かあるたびに、

私に向き合い、時間が掛かっても諦めずに話し合ってくれるSさんに対して、

 

こんなに私に歩み寄ってくれて、

そしてまた、私も心を開ける人はSさんしか居ない。

だから他の人じゃなくて、あなたがいい。

 

 

と話したら、

 

「A子ちゃんだから向き合えるんだよ。

俺がすごいんじゃなくて、相性がいいんだよ。」

 

と答えてくれた。

 

 

❝相性❞

 

 

 

Sさんが言うように、相性がいいから私たちが諦めずに波を超えられているとしたら、

尚更Sさんがいいと思った。

 

 

約30年生きてきて、普通に恋愛をするようになってからとしたら、十数年生きてきて、

初めて自分の気持ちを素直に話せて、居心地がよくて、大好きと言える人に出会った。

そんな確率で出会える人をまた探すのはもういいや、って思っていたけど、

 

 

もし、出会えたとしても、そこに相性の問題が加わるなら、

さらに確率は下がるよね。

だから尚更、彼と一緒に居たいなと思ったって話。

 

 

 

確かにね、お友達の言葉を借りるなら、

「あぁ、これが損って事か」

って思う時もたぶん、、、ある(笑)

 

 

でもね、既婚者と知った上で好きになっただけじゃなくて、

今の関係を望んだのは私だよね。

 

だったら、損なんてあって当然、当たり前。

離婚してほしい訳でもないし、家族は家族で大切にしてほしいと思っているから愛人を望んだ訳で、

そこは比べるんじゃなくて、立場の違いだよね。

 

 

 

もちろん、Sさんは損なんて感じさせない程、精一杯私に良くしてくれて、

大切にしていただいている実感があるからこう思えるんですが、、、

 

たぶんこれもまた相性。

 


新たな問題とどう向き合っていくか

今日は1日思いっきりダメになる日と決めて

好きなだけ海外ドラマを見て、好きなおやつを食べて、

私なりのリフレッシュをしています(笑)

 

 

そして向き合う新たな問題。

Rebornの後から変わり始めた私の愛人像。

 

愛人だからこそ、見られる景色があるように、

愛人だから見られるその人の本質のような物が好きで、

一緒に過ごす時間はその人の全てを受け入れて、ストレスフリーで、

現実離れした環境を整えるのが愛人としての役割だと思っていた、、、

 

 

 

でも、Sさんに対して、薄い壁のようなものがなくなった私は、

とてもナチュラルな状態で、言うならば、盾がない分ダメージを受けやすい。

素直になればなる程、Sさんの負担が増えるのではないかという心配。

 

 

 

 

とても大切な家族が居て、大切な仕事もあり、

考えなければいけない問題や抱えている物はたくさんある。

それに私の負担もプラスされるとなると、、、

 

 

それって辛くない?

 

 


「女遊びは芸の肥やし」的な言い方をするならば、

息抜き、❝Out of touch with reality❞はどこでするんだろうか?

と、私が考えてもどうしようもない心配をしている訳です(笑)

 

 

いや、少し前の私が面倒ゼロで、息抜きできる存在だったかと言うと、

全くそうではないから、そんなに状況はかわらないのかな?

 

 

もうね、そんなことはSさんが勝手になんとかすればいい、

どっちも好きなら、どっちも頑張って!

 

 

と、人ごとのように割り切って、開き直れたらラクなのかな、、、(笑)

 

 

 

たぶん、それは性格上できない。

だったら、

 

Sさんに家族が居ると知っていて、彼女で居る事を選んだ私は、

愛する人に隠し事をしている、彼の後ろめたさや辛さを十分に理解して、

完璧なストレスフリーな環境は作れないかもしれないけど、

Sさんが私に対して、家族の事で遠慮しなくてもいい状態を普通にしておく事が、

私のせめてもの役割なのかなって。

 

 

そして、考えないようにしてきたけど、そう考える事で、

私が彼の家族に対して持っている罪悪感が、少しだけ和らぐ、、、ような気がする。

 

 

 

愛人関係って本当に十人十色。

求められる愛人像も十人十色で、ある意味理想のお嫁さん像よりも難しいのではないかと思う。

 

だからもうね、愛人だからこうしなきゃとか、愛人とはこういうものだとか、考えるの止めた。

 

普通のカップルや夫婦と同じように、

彼に対してどうしたいか、彼とどういう関係で居たいかだけを考えようって思ってる。

 


Reborn

ある愛人の方がブログをお止めになった理由が、

 

見える世界が普通になったから

とお伺いした事がある。

 

 

愛人となり、初めて見る世界に興奮したり、ドキドキする気持ちを綴ったけれど、

いつしかその世界が普通になり、冷静になり、止めた、と。

 

 

 

数日間、ブログを止めるか引っ越すか、またはしばらくお休みするか、

考えてたんですね。

 

結論、止めないし、引っ越しもしない。

ただ、この記事を

❝愛人として生きると決めた日、第1章お終い❞

と、しようと思う。

 

 

 理由、、、(笑)

 

彼の愛人として生きる事が普通になったから

 

 


 

ごめんなさい、長いので続きに、、、

 

続きを読む

愛人のオフ会しませんか?

コメントをくださった皆さま、

詳細メールお送りしました(*^^*)

 

 

何かのエラーで届いてない方がいらっしゃいましたら、

お手数ですがメールかコメントをお願いします。

 

 

お話しできる日を楽しみにしております。

新たな関係

少しお久しぶりです。

相変わらずです、と言いたいところですが、

 

最近、Sさんが私の仕事に携わってくれていると言うか、

私がSさんのお仕事に携わっていると言うか、

 

今までの完全プライベートのSさんをとするならば、

お仕事モードのSさん()とお話しする関係ができました。

のSさんを想像ではなく、実感した数日間、、、

 

 

 

ミルクティーのように甘い生活習慣と、

生チョコのようにゆるい考え方をしている私と、

 

 

 

バリバリ仕事をこなし、

責任のある立場に時にはストレスを溜め、

父、夫として勤め、

そしてさらに向上心を持つSさんが、

 

 

 

仕事の話をする訳です|д゚)

考えただけで恐ろしい|д゚)

結果は目に見えてますよね。

 

 

 

 

ひぃーーーー|д゚)

今も余韻が残り、少しおかしなテンションですが、

 

 

特にこうなりたいとか、こうしたいとか、目標もなく、

そんな自分に心の奥では違和感を感じるのに、

現実と向き合いたくないから、

ゆるっと生きていたい

なんて言っていた、と思われる

 

 

甘あまな自分から、

強制的に目覚めさせられた数日間を過ごしていました。

 

 

 

 

長すぎる現実逃避から目覚めて、

このブログを読み返すと、

❝本音なんて言ってるけど、これはまだ隠してるな(笑)❞

とか、

❝後付けの言い訳ばかり言っているな(笑)❞

とか、

今なら別の想いもまたあり、、、

 

少し物事の感じ方が変わりました。

 

 

 

 

私がこうなる事をわかっていて、

お互いに嫌になる可能性がある事もわかっていて、

周囲に感付かれる可能性がある事もわかっていて、

 

それでも、

 

 

「A子ちゃんに幸せになってほしいから」

 

と、仕事に携わる事を許可してくださったSさん。

 

 

彼の葛藤や不安、心配、その他もろもろの想いを考えると、

私はゆるっと生きるだけではなく、

締める所は締める、芯はぶらさない。

 

 

そんな愛人と言うより人にならないといけない。

心から、❝私は幸せ❞と言える人にならないといけない。

 

その為にまずは、、、

仕事に対する姿勢から見直している所です(笑)

低レベルでごめんなさい、、、

 

 

 

 

と言っても、

私は私ですし、アイデンティティは基本的に変わりません(笑)

愛人もそのままです。

 

 

もちろん、変な宗教やビジネスを始めたわけではありませんので、

オフ会のご連絡をくださった皆も、どうかご安心くださいね(笑)

 

 


それもまたあり

単純にお友達が少ないって事実もありますが、

本当の事を話せない、話したくない後ろめたさから、

あまり自分の事は人に話さないスタンスが板に付きつつあります、、、

 

 

これって愛人の方、皆さんそうなんですかね?(*_*;

 

元々あまり得意ではない人付き合いが、

更に苦手になってきています、、、(笑)

 

 

 

 

そんな私ですが、

現状を包み隠さず話せるお友達が1人居るんですね。

 

 

彼女に私の今のもやもやした心境を相談した時の事。

 

f:id:swingingbachelor:20170225084524j:plain

 

 

「何を言っても、結局は不倫だからね(笑)

 

ここで(彼の元で)落ち着こう、

って決心するのは、なんかな気がする。

心の拠り所であるし、頼るし、大切な存在。

それは分る。

 

だから、積極的に他を探すわけではないけれど、

他にもし、彼以上に好きな人が現れたら、

そっちに行ってもいいんじゃないの?(笑)

 

別に、ずるくないと思うよ。

 

 

 

 

「結局ね、頭で難しい事考えても、

自分の心のままにしか行動できないよ。

変に理性で我慢するより、流れに身を任せた方がラクらしいよ。」

 

 

と、バッサリ、、、

 

 

彼女の言う事が正しいとか、正しくないとか、

そうではなくて、

 

私とは全く違う、物事の捉え方をした意見だったので、

無理に構えなくても、無理に頑張らなくても、意地張らなくても、

自然の流れに身を任せてもいいんだなって。

 

それもまたありなんだと思えて、なんだかスッキリ(笑)

 

 

 

 

それにしても、愛人が損ってなんだか新鮮でした。

そんな彼女もまた、、、(笑)

 


 

続きを読む

愛人の、私の役割があるとしたら

出張同行させてもらってからと言うもの、

ワールドワイドになった考え方がいまいち抜けきらず、、、

実はブレブレ、もやもや、ウジウジでして、、、

 

 

 

いつまで引っ張るんだよ、その話。

 

 

って思いますよね。

自分でもそう思う、、、

 

 

 

 

 

なんて言うかね、

 

当たり前の事が、

一度は受け入れた事が、

分かりきっていた事が、

覚悟していた事が、

 

 

少しずつ重なって、重なって。

我慢しているつもりも、嫌な訳でもないのに、

 

 

今の器だと少し容量オーバー。

 

 

 

 

私と会わない時間が長くなると、

「寂しいね、会いたいね。」

と、私より先にSさんが言って下さるのと同じように、

 

私と一緒に居る時間が長くなれば、

家族の心配をし、少しホームシックになり、

家族に、お嫁さんに会いたいと思うのも自然な事で、

Sさんが家族を愛し、大切にしている証拠で、

当たり前だと思ってる。

 

 

❝二人とも大切で、本気で大好き❞

 

ってそういう事だと理解してる。

 

 

 

 

Sさんが出張中に話して下さったダークな本音(笑)

 

「二人を愛するのって辛い事もある。

それをA子ちゃんに言うのは都合のいい話なんだけどさ、、、。」

 

 

この言葉(笑)

やっぱりね、面と向かって言われると辛かった、正直(笑)

 

 

でもね、聴いてしまったからには、受け入れるしかないじゃない。

 

 

 

Sさんの

一生隠さなければいけない嘘、

愛する人(家族)を傷つけている罪悪感、

嘘を付き続けている恐怖心、

 

そういった負の感情を私に隠さなくてもいい状態を作り、

そういった都合のいい一面も受け入れる。

 

 

それが、私の、愛人としての役割なんだと思う。

 

 

 

 

その上で、❝家族と私❞両方本気で大切だと言って下さるSさんを、

 

 

彼と、彼の家族、両方愛し、大切にする。

 

 

 

❝愛人❞ってたぶんこういう事。