愛人として生きると決めた日

Reborn: 愛人として生きています

新年、愛人始動開始

お正月休みがあった方は、

昨日から仕事始めの方が多かったのかな。

Sさんも昨日から仕事始めだったようで、

新年、初めてゆっくりと会えました。

 

お正月の私はひたすら寝て、引きこもって、DVDを見て、と言う、

お正月らしい生活でしたが、

Sさんにお会いして、初詣に連れて行ってもらい、

やっと切り替わりました(笑)

 

 

 

 

タイトル、ふざけている訳ではなくて、

今年も愛人として、Sさんと一緒に居られますようにと、

良い時ばかりじゃなくても、乗り越えていこう。

と言う思いを込めて、の愛人始動開始です。

 

 

 

 

 

年末、最後にSさんにお会いしてから、

そんなに日数は経ってませんが、

年をまたぐと不思議と久々な感じがして、

 

会えて嬉しい気持ちと、

年末年始、1人の時間を満喫し、

それなりに楽しく引きこもっていたつもりだったけど、

やっぱり本当は少し寂しかったんだなと感じたり、

相変わらず優しいSさんを見て安心したり。

 

 

 

そんな感情の中での出来事。

 

 


 

続きを読む

愛人の新年

あけましておめでとうございます。

 

 

年末に実家に帰り、

いつも以上にだらだらとして、

新年を迎えました(笑)

 

 

 

いい歳にも関わらず、

「結婚しないの?」とか「彼とはどうなの?」とか、

一切言わず、

「あなたが幸せで健康ならそれでいい。」

 

と言ってくれる両親には、

ただただ、感謝することしかできないな。

 

 

 

 

Sさんからも、

あけましておめでとう

 

とLINEをいただきご機嫌です(*^^*)

 

 

 

さて、2017年ですね。

今年もSさんといい関係で居られますように。

このブログを見て下さる方が、

それぞれの幸せを、それぞれの充実した毎日を送れますように。

 

 

あと、、、

実はひっそりとブログを始めた事をSさんに言えますように、、、

なんとなく恥ずかしくて、

そして、昔の本当の気持ちを知られたくない事もあり、

言えてないんですよね。

 


言えなかった年末のご挨拶

旅行に連れて行ってもらった後、

年内、ゆっくり会えるのはこれが最後かな、

なんて言ってましたが、

ちょこちょこと時間を作って会って下さるSさん。

 

 

Sさんの大切な時間を私に使ってくれるのだから、

一緒に過ごす時間はめいっぱい楽しくしたいんですが、、、

 

 

会う都度、

初めてほんの少し喧嘩したり、

昔の事でSさんを嫌な気持ちにさせてしまったり、

 

年の瀬らしく?

慌ただしい時間になっていました。

 

 

 

そして、昨日が、本当の遊び納めでした(笑)

 

 

 

いつものように私の家に来てくださったSさんが

 

「まだ年明けてないけど、、、」

とお財布から取り出したのは綺麗な封筒、、、!

 

 

 

 

( ゚Д゚)

 

 

お年玉!

 

 

 

 

 

何気なく、

「私もお年玉欲しいなー。」

とボソッと言ったのを覚えていてくれたSさん。

と言うよりも、いただいていいのかしらアラサー(笑)

 

 

いや、もちろん有難くいただきましたが(笑)

 

 

 

金額よりも、お金よりも、

私が何気なく言った言葉を覚えていてくれた事、

私の事を考えてくれたことが何よりも嬉しい。

 

 

 

いつだったか忘れたけど、

Sさんに言われた

「この関係だからやってあげられる事もあるしね。」

 

 

って言葉、

その頃はピンと来なかったけど、

きっとSさんの事だから、

 

❝どうしてもやってあげられない事もあるから、

できる事は精一杯やってあげたいと思ってるよ❞

 

って意味もあったのかな、なんて思った。

 

 

 

その後は、

「今年はいろいろあったねー」とか、

「来年も仲良くしようねー」とか話したけど、

 

「良いお年をお迎えください」

 

 

とは言わなかった。

「またねー!」ってバイバイする時も言わなかった。

 

LINEで言えばいいやって気持ちと、

やっぱり言葉に出して、

今年会うのが最後って認めるのが少し寂しくて。

また来年すぐ会えるんですけど(笑)

 

 

 

彼は彼の家族と

私は私の家族と

迎えるであろう新年。

 

 

それが嫌な訳じゃない、我慢してる訳でもない。

心から家族を大切にしてほしい、

家族とカウントダウンしてほしいと思ってる。

 

だけど、ほんの少しだけある寂しい気持ちをここで書きたくて。

 

 

❝どうしてもやってあげられない事もあるから、
できる事は精一杯やってあげたいと思ってるよ❞

 

まさにこの言葉が込められたお年玉だったのかな、なんて。

ありがとうSさん(*^^*)

 


もし不倫ではなかったら

Merry Christmas!

の続き

 

旅行の帰り道、相変わらずまどろんでいる私に

Sさんからの不意打ちな質問。

 

「A子ちゃんは、もし俺が独身だったら、結婚したいと思った?

不倫だから俺が良いって訳じゃなくて。」

 

 

 

|д゚)

なんてタイムリーなのかしら(笑)

一気に目が覚めた。

 

もちろん、

「それはそう思うよ。そうしたいと思うはず。

だけど、今の幸せのカタチとは、また違うと思う。」

 

 

と答えたけれど、

Sさんは真意を汲んだのかな、、、

 

 


 

続きを読む

Merry Christmas!

Sさんからのクリスマスプレゼントで

旅行に連れて行ってもらいました(*^^*)

 

私の仕事やSさんの忘年会、年末と言う事もあり、

きっと年内、ゆっくり会えるのは、

これが遊び納めになるのかなと思うと、

少し寂しい気もしますが、

そんな事を思っても、言っても良いことはないので

思いきり、贅沢な時間の過ごし方をさせていただいてきました(*^^*)

 

f:id:swingingbachelor:20161221231620j:plain

 

丁度、タイミング的にティーパーティーの後だった事もあり(笑)

 

 

あんな事やこんな事があってねと、

どうしようもない問題や不安を伝えた私に対して、

 

一つひとつ、私の不安をクリアにしようとして下さるSさんを見て、

 

❝あー、私はこの人のこう言う、包容力や先導力が本当に好きだな❞

 

この人を超えて、私に安心感を与えてくれる人っていない気がすると、

改めて思った訳です。

 

 

 

Sさんとも話していたのですが、

 

男の人が家庭以外に女の人を求める場合、

責任を負わなくてもいい、

楽しくて、ドキドキする事だけをシェアできる関係

を求める事が多いと思うんです。

それが息抜きや、癒しになるから。

家庭も彼女も真剣になってしまったら、

息抜きにならないどころか、苦しくなってしまう。

 

 

 

 

だけど、Sさんはそうじゃない。

私の事もいつも、私以上に真剣に考えてくれる。

だからこそ、

Sさんはそこら辺の不倫男とは違うと思ってしまうんですよね。

 

 

 

 

そして私も、そんな彼に甘えすぎちゃいけないし、

調子に乗っちゃいけないし、

何か少しでも、彼の役に立つことをしたいと思うし、

当然、家族を大切にしてほしいと思う訳です。

 

 

 

何が言いたいかと言うとね、

Sさんだから、彼の愛人でいたい

と感じた事。

 

 

 

贅沢な空間で贅沢なお食事をいただいた後、

ゆったりまどろみながら、

「一緒に眠れるって贅沢だね、ありがとう。」

と言える関係に感謝していたいと感じた事。

 

そんな風に感じる人が居てもいいよね。

 


愛人だからこそ観られる世界

先日、ある秘密のティーパーティーに参加してきました。

どんなティーパーティーかは、

タイトルからご想像にお任せしますね。

 

 

このティーパーティーを知った時、

とても参加したい反面、

愛人と一言に言ってもいろんなタイプがありますし、

苦手なタイプもある訳で、、、

なんせ人見知りで、、、

 

でもやっぱり参加したい笑

他の愛人さんたちのあんな事やこんな事を聞いてみたい。

そんな気持ちで

不安もあれば、ドキドキもするわで、

保守モード全開で行ってきました笑

 

f:id:swingingbachelor:20161219222712j:plain

 

 

 会場となる場の扉を開けると、

そこからは異空間。


思い切ってティーパーティー参加してよかった。

心から幸せで楽しい時を過ごせた。

そんな気持ちを忘れたくないので言葉に残しますが、

 

 

どうかティーパーティーにいらした方が

このブログを見ていませんように。

とっても恥ずかしいので(笑)

もし、偶然見ちゃったと言う方は、

一言コメントを残してくださると嬉しいです。

コメントは非公開です。

 

 

 


異空間で出会えた皆さんは、

とても心が広く、優しく、美しく、魅力的で、

何事も決して否定しない。

美しい強さをお持ちの方ばかりでした。

 

 

愛人として生きると決めたからこそ、

聞いておくべき事、心得ておくべき事がたくさんあった。

悲しいけど、彼の人生の最後に私が立ち会うことはできないのかな。

でもそれが、もしかしたら理にかなってるのかもしれない。

愛人らしいじゃない。

 

そして、

愛人でも妻でも母でも独身でも、女性と言う性は変わらない。

一度しかない女として生まれた人生を、

後悔ないように、やりたい事を全力でやりきりたい。

十人十色、型にはまらなくたっていいじゃない、

私は私の幸せを創ろう。

異空間がそう思う気持ちに拍車をかけてくれた(笑)

 

 

 

素敵な皆さんとお話しして感じたのは、

やっぱり私はこの世界が好き。

 

男性が

使命、世間体、夫、父、できる男としての役割、

そんな表面的なものから離れた瞬間、


その人の本質を見られる、裏側を見られる、

無邪気な一面を見られる、

 


そんなこの世界が私は好き。


日常の煩わしさから離れた幸せってこの事。

 

 

愛人だからこそ味わえる幸せや贅沢が

あってもいい、

それを後ろめたいと思わなくてもいいよね。

 

 

 


最後に、ティーパーティーに参加できた事、

Sさんと一緒に居られる事、

素敵なご縁に心から感謝します。

またいつか、再会できる日がやってきますように。

 


結婚不適合者の自覚

こんにちは(*^^*)

 

かなり根暗で、お友だち少なめな私ですが、

珍しくクリスマスディナー、秘密のお茶会、

クリスマス女子会(女子会って歳でもないですね)、忘年会と、

予定が詰まっており、

体重の事前調整と言う無駄な抵抗をしています(笑)

 

そんな中、先日Sさんとご飯を食べながら話した事。

 

 

Sさんが忘年会か何かで不倫や彼女の話になったらしく、

 

「彼女は奥さんと別れて欲しいとか言わない?

奥さんの話すると嫌がるでしょ?」

と聞かれたそう。

 

一般的に愛人ってそう言うイメージが強いと言うか、

テレビでもそんな感じの設定が多いし、

好きだったらそうなるのも自然な事だと思うんですが、

私はそうではない事をSさんは知っていて、

改めて、

 

「実はお嫁さんの話とかやいたりするの?」

と確認してきました。

 

 

不思議な物で、

1年が経とうとしている今も、

Sさんが大切にしている彼の家族を、

私も大切に想っていて、

 

Sさんが話してくれる家族の話を聞いて、

素敵なお嫁さんだと感じ、尊敬し、

心からすてきな家族だと思う。

 

だからやいたり、嫌な気持ちになったりはしない、

それに、その分、私にもたくさんの時間やお金を使ってくれている事も

知ってる。

 

と、以前と同じような回答をしました。

かなり矛盾していて、だったら愛人なんておかしい事も分ってます。

 

 

さて(笑)

ここからは本音の本音の話

 


続きを読む